回収事務の改善に成功した株式会社サダ・マーチャンダイジング・リプレゼンタティブ様の事例

「決済・資金管理の合理化」のアイコン

「EC後払いサービス」を導入し、通販事業の回収事務の改善に成功した株式会社サダ・マーチャンダイジング・リプレゼンタティブ様の事例
LOGO

【導入の背景】

株式会社サダ・マーチャンダイジング・リプレゼンタティブ様は、「鎌倉シャツ」の愛称で親しまれ、メーカー直販で低価格・高品質な商品を提供する、「メーカーズシャツ鎌倉」のネット通販部門も有している。
上質なシャツに対するリピーターの顧客が多く、売上を大きく伸ばしている通販部門は、多数のビジネスメディアからも注目を集めている。

もともと通販での決済方法は「クレジットカード」と「銀行前払い」を用意していたが、クレジット決済を好まず銀行振込を希望する顧客も多かった(全体の約2割)。
しかし代金着金後の発送となるため、社内での振込依頼人名の照合や入金確認事務が煩雑で、かつ名義相違のリスクが避けられず、また入金確認後に配送するため、顧客への発送手続きが遅れ顧客の「商品をすぐに欲しい」というニーズに十分応えられない点が問題になっていた。
自社単独で商品発送後後払いの仕組み導入も検討したが、回収事務の手間やリスク管理の面でためらっていたところに「EC後払いサービス」を紹介された。

  1. 決済未回収リスクおよび回収作業を外部に任せ、受注後スピーディーな商品発送が可能になる点、
  2. 顧客が商品到着後中身を確認してから支払でき、さらに銀行振込の他にコンビニ・郵便振替でも決済できる点

上記を評価し、2007年8月に同サービスを導入した。

【導入の効果】

「銀行前払い」決済の顧客の大半が「EC後払いサービス」にシフトしたため、社内の入金確認事務がほとんどなくなり、同社の従業員が販売業務に注力できるようになった。
合わせて顧客の利便性も向上したため、売上アップにも貢献。「EC後払いサービス」導入から1年以上が経過したが、2008年9月の売上は前年同月に比べ5割以上増加した。(月商約17百万円から同約25百万円以上にアップ)
うち「EC後払いサービス」は、売上の約3割を占め、「銀行前払い」からのシフトに加え、新規顧客の多くが「EC後払いサービス」を利用している。

【お客様の声】

常務取締役 貞末 奈名子様

お客様の利便性からみても、自社内での事務処理からみても「銀行前払い」決済はデメリットが大きいと常に考えていたので、「EC後払いサービス」の導入を即決しました。お客様からも好評価をいただき、社内事務担当者も導入に満足しています。
お陰さまで、「EC後払いサービス」導入後大幅に売り上げが増え、通販部門は「メーカーズシャツ鎌倉」大型店舗並の規模まで成長しています。今後も、顧客利便性を第一に売上を増やしていきたいと思います。

【会社情報】

[商号]
株式会社サダ・マーチャンダイジング・リプレゼンタティブ
[本社]
東京都渋谷区広尾1−9−16I.T.O広尾ビル401
[事業内容]
通販サイト「Maker’sShirt鎌倉OnlineShopping」運営。
[URL]
http://www.shirt.co.jp/shop
シャツ