「後払い決済」を復活させて、売上アップに成功した株式会社インターズー・クリニッククラブ様の事例

「決済・資金管理の合理化」のアイコン

「EC後払いサービス」を導入し、未回収リスクのない「後払い決済」として、再度決済方法に加え、売上アップに成功した株式会社インターズー・クリニッククラブ様の事例

LOGO

【導入の背景】

株式会社インターズー様は、「獣医・ペット」専門分野に特化した書籍・雑誌・療法ビデオの出版業界トップクラスの企業。

「ペットオーナー様とペットのハッピーライフに貢献したい」との想いから生まれた情報誌『インターズー ペットカタログ』では、 ペットとの暮らしに大切な知識、情報、グッズをご紹介し、カタログ・Webにて通信販売も行っていた。

「EC後払いサービス」の導入前の決済は、
カタログ通販が、代引き・クレジットカード払い・コンビニ払い及びゆうちょ振替での後払い。ネット通販が、代引き・クレジットカード払いのみであった。 その中で、カタログ通販でのコンビニ払い及びゆうちょ振替での後払い利用シェアは、通販売上の1/4を占めていたが、管理に手間がかかることや、 未回収債権が発生するリスクを懸念して一旦廃止とした。

しかし、顧客決済利便性の向上が図れなければ、売上増加も見込めないとの判断のもと、再度コンビニ払い及びゆうちょ振替での後払いの復活を検討することとなった。

復活させた場合、以前に廃止した際のデメリットが発生することを懸念していたところ、フィナンシャル・リンク社より「EC後払いサービス」を紹介された。当社にとっては決済の未回収リスクなく、購入者にとっては商品を受領してから支払できる利便性の向上が図れるため、2009年2月に同サービスを導入した。

【導入の効果】

サービス導入から約1年が経過し、月間の売上高は前年に比べ約4割近く増加しており、その半数以上が「EC後払いサービス」を利用している。
2009年6月には株式会社インターズー・クリニッククラブが分社独立し、通販事業を順調に拡大している。

【お客様の声】

通販事業部 林 高敏 様
コンビニ決済・ゆうちょ振替の再導入をする際には、顧客の利便性向上はもちろんですが、未回収リスクの回避が大きな課題でした。 「EC後払いサービス」はそれらを解決する切り札となりました。いまではカード決済や代金引換よりも「EC後払いサービス」をご利用されるお客様が増えており、お客様はもちろんのこと弊社にとりましても、なくてはならないものになっています。

【会社情報】

[商号]
株式会社インターズー・クリニッククラブ
(平成21年6月11日に株式会社インターズーより独立)
[東京本部]
東京都渋谷区渋谷1-3-9 東海堂渋谷ビル7F
[事業内容]
(通販事業部)
・インターズーペットカタログ出版
・クリニッククラブWebサイト運営
・インターズーペットカフェ運営(楽天市場)
(直販事業部)
・ペットショップ運営(ペットココ/静岡県富士宮市)
・イベント企画/運営
(物流事業部)
・倉庫業務
[URL]
http://www.interzoo-pet.com