FC店の売上管理及び集計業務効率化を実現させたI社の事例

「業務効率化・アウトソーシングを推進したい」のアイコン

「売上管理サービス」を導入し、FC店の売上管理及び集計業務効率化を実現させたI社の事例

【導入の背景】

印刷、製本業・コピーサービス及び屋外看板各種ラッピングなど広告媒体への印刷を手掛けるI社では、 新しくFC店を増やしていく計画があり、売上管理の合理・省力化を模索していた。

従来、既存FC店舗では高額なPOSレジを導入。本部での売上情報集約は、バッチ処理のため翌日以降になっていた。 今後、新規出店数を増加させるにあたり、低コストで且つ売上管理をリアルタイムに行えるレジ機能を模索していた。

これに対して、弊社より、売上管理及び集計業務効率化策として、 「売上管理サービス」を紹介。先方ニーズにマッチし、2011年6月に同サービスを導入した。

【導入効果】

  1. 各店舗の売上情報が、30分毎に集約され、本部ではほぼリアルタイムに売上が管理出来るように改善した。
     また、各種データはCSV形式で取得出来、独自の資料作成にも役立っている。
  2. 従来のPOSレジ初期導入費用対比で安価にレジの導入が行え、出店に係るコストの削減に貢献した。
  3. 商品コードをレジに登録出来、それまで単価と金額しか表示できなかったレシートに商品名が記載されるようになり、顧客サービスの向上につながった。