新規事業開始に伴う請求事務の増加に、迅速かつローコストで対応できたT社の事例

「業務効率化・アウトソーシングを推進したい」のアイコン

「電子配信サービス」を利用して、新規事業開始に伴う請求事務の増加に、迅速かつローコストで対応できたT社の事例

【導入の背景】

T社は、全国展開する大手カーディーラーのグループ企業。
新規事業として、これまでグループ各ディーラーが個別に購入していたノベルティーグッズやキャンペーン商品等を、T社がWebカタログを通じて受注し、共同購入する事業を開始することとなった。経理部門では、各ディーラー宛の請求事務が新たに発生し、対応方法を模索していた。

請求事務対応の検討に伴い、経費節減の観点から、経理部門増員や経理システム改定等の、多額の費用がかかる方法を取り難いという制約があった。

これに対して弊社より「電子配信サービス」を利用し、 数百カ所に上るグループ各ディーラー宛請求書の電子化による合理化策を紹介。郵送代等のコストダウン効果・アウトソーシングによる事務省力化効果が見込める上、大きなシステム改定も不要であることから、T社のニーズにマッチし、2011年7月に同サービスを導入した。

【導入効果】

  1. 最大6000通が見込まれる請求書発行事務を、大きなシステム改定をせずに、現行の経理スタッフで処理できる体制を構築できた。
  2. 請求書をペーパーレス化することにより、紙の請求書に比べ、発行コストの大幅削減が図れた。
  3. 新規事業としてスピーディーな事務処理体制の整備が求められる中、1ケ月半という短期間での導入できた。