クラウドシステム導入により業務効率化を実現した事例

「業務効率化・アウトソーシングを推進したい」のアイコン

クラウドシステムの導入により、人事・給与の業務効率化に成功したW社の事例。

【導入の背景】

当社社員数約300名。内半数がパート、アルバイトを占める。給与計算ソフトは導入していたものの、以下の問題が生じていた。

  1. タイムカードのデータ入力や、パート、アルバイトの残業申請等、紙から手でデータを作成するものが多く、給与計算業務にミスが頻発していた。
  2. 人事情報をExcelで管理していたため、従業員の過去の異動履歴の不整合や情報の共有方法に問題を抱えていた。

【提供サービス】

弊社のグループ会社より、クラウドシステムを利用した以下のスキームを提案。

  1. タイムカード及び残業申請をWebで管理出来る勤怠管理システムに変更。
  2. 人事情報の異動履歴管理や給与計算システム、勤怠管理システムとのデータ連携に対応。

同時に、従来手作業で行っていた住民税更改や年末調整等のオペレーション作業のアウトソースも提案。

【導入の効果】

  1. 紙の管理媒体を廃止し、全てをシステム上で、データ管理する事で、給与計算業務の属人的作業を排除し、ミスを撲滅しつつ非効率事務の改善が図れた。
  2. システムで管理出来ないオペレーション業務についてもアウトソースすることで業務負荷の平準化が図れた。