現金回収の削減を検討されている企業の皆さまへ

「決済・資金管理の合理化」のアイコン

現在、「従業員が顧客の許で集金するケース」「顧客が拠点に現金を持ち込むケース」等により発生している現金の取扱いについて、こんな悩みがございませんか。

  • 紛失・盗難リスクをなくしたい(現金持運中、金庫等での保管中)
  • 従業員の不正リスクをなくしたい
  • 各拠点の口座に係る基本料金、口座間の移動に係る手数料等のコストを軽減したい

フィナンシャル・リンクでは、内部統制、業務効率化の観点から、現金の取扱いを軽減する各種ソリューションをご案内しております。

<サービス例>

  1. 「デビットカード決済/クレジットカード決済」を活用(※)
    貴社で専用の端末を用意頂き、顧客がキャッシュカード/クレジットカードで支払うスキームです。集金時にハンディ端末を持つという方法や、拠点に据置端末を 設置する方法により現金の削減を図れます。
  2. 「銀行振込決済/コンビニ決済/郵貯振替決済」を活用(※)
    上記決済に対応した請求書を利用し、顧客が支払やすい決済方法で支払うスキームです。郵送して支払ってもらうという方法だけでなく、自社プリンターで印刷して 集金時に顧客に手交する方法もございます。

また、上記とは少々視点が異なりますが、以下の方法もございます。


  1. 「債権譲渡による債権管理のフルアウトソ−シング」を活用(※)
    債権の譲渡により、顧客が債権買取先に支払うスキームです。現金回収という行為自体から解放されます。

(※)グループ会社が提供致します。

また、上記ソリューションを活用した際の入金情報を、「貴社が必要とするデータ」へと加工するサービスも、別途ご提供しております。

2012.07.31